2017年9月14日木曜日

【草加校】レッスン⑪

目標に向かって
 
 


 
 
夏休みも終わり、9月も半ばになります。
 
夏の時期を、どのように過ごしてきたか
その成果が、現われてくる時期でもあります。
 
 
スクールで行われているトレーニングは、
100%、サッカーが上達する指導内容です。
 
サッカーが上手くなる為に必要なトレーニングを
個々に伝えています。
 
きついトレーニングですが、
トレーニングというのは、きついものです。
 
 
きつく、苦しく、難しいものではありますが、
 
決して不可能ではありません。
 
 
今、目の前にある課題やトレーニング
 
それは、今、自分自身に必要な事です。
 
 
今年も残り3ヵ月ほどです。
今年、自分自身が成長したと言い切れるだけの自分を目指してみませんか?
 
 
 
草加校スタッフ  山口
 
 
 


2017年9月13日水曜日

【いずみ中央校】試合観戦

【横浜FC観戦】

先日はコートをお借りしているコスモAOIフットサルパーク代表の小野さんから横浜FCチケットを頂いたので、
スクール生
と共に行きました。

今ではテレビ、携帯、パソコンで世界中のサッカーを画面を通して簡単に見ることができます。

そういったツールを利用して世界の上手い選手のプレー集を見たり試合を見て学ぶことは、
自分のサッカーの為に重要なことの1つだと思っています。

サッカーというスポーツを見るなら日本にとどまらず、
やはりレベルが高い選手、レベルの高い試合を見たいと思うのは普通のことです。

ただ、
サッカーというスポーツはグランドの上で自分自身の体を使って行うスポーツです。

生のプロ選手のプレーをスタジアムの雰囲気の中で、リアルに感じることも必要だとも今では思います。

自分でスタジアムに足を運び、
画面を通してではなく自分自身の目で生で見ること、雰囲気を肌で感じることに価値があります。

ネット配信、VR、などが急速に発達し様々なものを画面を通して見たり疑似体験できるようになってきています。

でも、
どんなに見れてもそれは画面を通してであって、
どんなに疑似体験できてもそれは仮想現実で、
生の体験ではありません。

何でもそうだと思いますが、
やはりリアルに勝るものはないと断言できます。

テレビを見たり、
ゲームをやったり、
といったことを否定はしませんが、
もっと子供達には生のリアルな体験を肌で感じることが必要だと思っています。

人工知能が発達し、
今後の社会はロボット化が発達する未来を生き抜く為にも、
生のリアルな体験が大切になるとも思っています。

個人的には、Jリーグ最年長の三浦カズ選手の試合でのプレーを見ることはできませんでしたが、
元柏レイソルのレアンドロドミンゲス選手のプレーを見れたことは、とても良かったです。

このような機会を頂きありがとうございました。


いずみ中央校コーチ一同




2017年8月25日金曜日

【いずみ中央校】夏期合宿2班

【夏期合宿】

明光サッカースクール夏期合宿2班の2日間が、
昨日無事に終了しました。


いずみ中央校からは初めての参加の子供達で、
始めは緊張感が伝わってきましたが、
すぐに他校の選手と打ち解け楽しんでいる様子でした。


グランドの上では蒸し暑い中でしたが、
集中しトレーニングとゲームに励み、
体調不良や怪我等もなく無事に最後までやり切っていたのでご安心ください。


僕個人としては、
普段見ることのできない子供達の一面に触れることができたので、この2日間を今後の指導の糧にしていきたいと考えています。


元々、初めてのことや慣れない場所に参加することに対して、
とても高いハードルのように感じてしまっている選手もいますが、
そのハードルの高さを勝手に自分達で上げてしまっていることに参加すれば気付くと思います。


初めて参加するまでが大変かと思いますが、
思い切ってチャレンジし身をもって経験することに意味と価値があります。


そして、そうやって普段慣れないことや、いつもとは違う環境にチャレンジすることが心の成長に繋がっていき、その心の成長がサッカーにも出てきます。


また冬の合宿が楽しみです。


2日間、
参加してくれた選手達はお疲れ様でした!


ご理解とご協力をいただきましたご家族の皆様、ありがとうございました。


中央校コーチ一同








2017年8月10日木曜日

【草加校】レッスン⑩

結果が全て
 
 


 
 
 
結果が全てという言葉を見聞きすることがあります。
 
例えば、
プロサッカー選手になることを目標、夢として挑戦しているならば
プロになれたか、なれなかったか
それが、結果となります。
 
また、
リフティングの回数などの目標があれば
それが、達成できたか、できなかったか
それも、結果です。
 
 
結果という言葉には、
自分次第で、善くも悪くも使うことが出来る側面があると思います。
 
何かと比べるといった相対的な結果ではなく、
自分自身に対しての絶対的な結果
 
 
自分が決めた到達点に対して、
そこに至るまでの全ての過程で結果が出ます。
 
その一つ一つに対して、向き合っていくことが成長していく
ということなのではないかと思っております。
 
 
レッスン時、コーチから
 
その一つ一つのプレーに自分の技術の結果が出ていると
その結果に対して常に向き合って超えていかなければ成長はない
出来た事に対してではなく、出来なかったことの結果について考える
 
よくない結果が出たときこそ、成長するチャンスです。
 
 
 
草加校スタッフ 山口
 
 


2017年7月31日月曜日

【いずみ中央校】原因と結果

 【原因となるもの】

ミスや失敗をしたという結果だけを見れば,
誰でも分かりやすいですが、
結果の前には必ず原因があります。


その原因をなおさない限りは,
また同じことを繰り返してしまいます


結果を見て評価することは簡単ですが、
その結果の原因に気付き改善していくことの方が必要です。


原因となる部分が良くなればおのずと結果も良くなるはずです。


良い結果を出す為には,
良いプロセスを歩む必要があって、
逆に思わしくない結果ならば、
違ったプロセスを歩んでる可能性が高いです。

ただ、特に小学生は、
身体的要素や運動能力が、
結果に大きく左右される年代の為、
勝負にこだわることは必要ですが、
その部分の見極めも必要になります。

他人は結果を評価したがりますが、
少なくとも本人は結果に行き着く前の原因と
向き合う必要があります。

育成の年代からでも大切になると感じています。


いずみ中央校  福田 鈴木 森下



2017年7月24日月曜日

【いずみ中央校】内側に目を向けてみる

【内側に目を向ける】

積み重ねることや継続することはとても大切。

コツコツ続けることが1番大切ですが、
1番難しいことでもあります。

外から受ける刺激が多い育成年代ですが、
外側だけに目を奪われずに、
自分の内側に目を向けられるかは本当に大切なことです。

外側から受ける影響は、
試合や大会の結果、他人からの評価、などで、様々な要因に影響されやすく、不安定なものです。

内側に目を向けるとは、
自分の感情、思考、意識、モチベーション、などと向き合うことです。

内側から湧いてくるものは、
外部の要因に影響をうけづらく、安定しているものです。

内側に目を向けるその為にも、
コツコツと目の前のことから逃げずに、
乗り越える取り組みを続けること。

夏休みが始まっていますが、
みんなはどんな夏休みにしますか!?

充実した夏休みにする為にも、
サッカー、学校のやること、私生活、、、

メリハリを持って継続していきましょう!

いずみ中央校  福田  鈴木  森下



2017年7月21日金曜日

【草加校】レッスン⑨


 
 
気づき
 
 
レッスンでコーチ陣が、選手へ伝えていることの一つです
 
何について気づかなければならないのか
 
それは、出来ない事にです
 
失敗や間違いを含めて、出来ない事に気づくことができれば
 
今、何が自身に必要なのかがわかってきます
 
 
当たり前のことのように感じますが、
 
気づく事が出来るようになるまでは難しいことです
 
そのため、コーチが選手一人一人を見て
 
気づかせ、気づき、気づいているのか
 
しっかりと見てくれています。
 
 
気づくことを別の言葉で表すのなら
 
意識することが当てはまるかと思います。
 
サッカーに取り組んでいる時間内、常に意識し続ける
 
 
トレーニングしていけば必ず身につきます
 
そして、
身につく頃には、確実に成長しているはずです。
 
停滞は後退です。
 
這ってでも前進あるのみです。
 
ともに、頑張っていきましょう。
 
 
 
草加校スタッフ 山口


2017年7月17日月曜日

【いずみ中央校】夏休み

夏休成長

もうすぐ夏休みです。

夏は、成長の差が顕著に出る季節です。


「自主練をしない」
「中々、自主練が続かない」
といった話を聞きますが、
まず長時間ダラダラとやっていてはこの猛暑の中で
続けることは難しいです。

続ける為の方法として、
①夏休みの目標を決める
②1日何分と時間を決める
ことをお勧めします。

1日10分を30日続けるだけで、
300分(5時間)になります。
1日10分でも続けると続けないとでは、
これほど大きな差となります。


いずみ中央校では、先週から
「夏休みリフティングチャレンジカード」
を配布しています。


夏休みの時間を有効に使い、
サッカーノートのP5.P6に書いてあるリフティングマスター」にチャレンジし、自分のサッカーのレベルをあげる夏休みにしましょう。


いずみ中央校  福田 鈴木 森下








2017年7月12日水曜日

【ふじみ野校、品川校】はじめまして!!



ふじみ野校、品川校、コーチの高松琢人です!

これから一部ではありますが、ブログを通してレッスンの様子などを伝えていきたいと思います。

そして、スクールでは6月~7月の間、個別面談を実施し、保護者、生徒、コーチの三者で、これからの生徒の成長に向けて、現状の課題や疑問点などを話し合いました。

面談の内容は一人一人異なりますが、共通して多かった事柄を改めていくつかブログに書いていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

2017年7月10日月曜日

【いずみ中央校】大人の影響

大人が変わること】


育成年代は、
選手1人ひとりのサッカーを築き上げていく年代です。


大人は結果を早く求めるけど、
サッカーを始めて間もない選手も多い育成年代から結果だけを追い求めることで、
そこに行き着くまでのプロセスを疎かにしてはいけないと思っています。


勿論サッカーは勝負がかかるし、
グランドに立てる人数は限られているから、
「勝負に勝ちたい」
「優勝したい」
「試合に出たい」
と選手自身が感じることは普通のことです。


ただ、こういったことに多くの大人が
執着していることに気付きます。


大人が一喜一憂しても仕方なく、
自分に起こったことは良いも悪いも全てを感じるのは選手自身でなければなりません。


「自分に起こったことに対してまっすぐに向き合えるかどうか」
が本人が成長できるかどうかの差になります。


自分と向き合える選手が成長していくし、
逆に
自分と向き合うことを知らない選手や自分から逃げる選手が良くなることはありません。


「“選手自身”が自分と向き合う力」
そして、
「他者との関わりの中で自分を発揮する力」
を養っていく為に僕ら大人は結果だけに執着、一喜一憂せずに、
長い目でサポートしていくことが必要です。


いずみ中央校  福田 鈴木 森下



2017年7月5日水曜日

【草加校】レッスン⑧

U9・U11クラス



選抜A選手


 
 
写真は、普段行っているレッスン風景になります。
 
『継続は力なり』という言葉がありますが、
 
スクールに通っている選手をみていると、
この言葉の意味がわかる瞬間に立ち会うことがあります。
 
『出来なかったことが出来るようになる』
 
『自分自身の壁を超えて行く』
 
このような瞬間にです。
 
 
 
写真の選抜Aの選手は、現在、小学5年生です。
 
U9に在籍していた頃から、きちんと努力し続けてきて、今があります。
 
そして、今も自身の目標に向かって、挑戦し努力しています。
 
 
 
正しい環境のもと、正しい方法で、正しい努力を継続していく力
 
その結果が、今の自分自身であり、
 
未来の自身を形成する力になると思います。
 
 
すでに、コーチからも話しがあったかもしれませんが、
 
夏が終わり、秋になると一年でもっとも成長できる時期になります。
 
これから、暑さも本格的になってきますが、
 
継続して取り組むことを強く意識してほしいと思っております。
 
今の自分が、将来の自分を創ります。
 
自分自身どうなりたいか考えれば、きっと今どうするべきか見えてくるはずです。
 
実りある秋をぜひ目指してください。
 
 
 
草加校スタッフ 山口


【草加校】レッスン中止案内について


 
 
写真は、今日の16時頃の草加校の天気とグラウンド状況です。
 
7月・8月と今日のような、突然の大雨が降る事があります。
 
長引く雨ではなく、その後、数十分後には雨が止んでいるということもあります。
 
そのため、雨が止んでいるので、
レッスンを行ってほしいというお話をお聞きする機会もございます。
 
レッスン中止の判断に関しましては、
 
選手が安全に練習できるかを第一に考えております。
 
また、雨があがっても、写真のように水が張ってしまいコート状況が悪い場合もございます。
 
選手、保護者様には、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。
 
また、お振替の残数が多くなってしまい消化方法に悩んでしまうなどあるかと思いますが、
 
その際には、スタッフまでご相談下さい。
 
 
 
草加校スタッフ 山口


2017年7月3日月曜日

【いずみ中央校】熱中症対策

【~水分補給~】


今年の夏は猛暑が予想されています。



夏は熱中症が最も多くなる季節です。

大量の汗で体の水分や塩分が失われ、体温調節がうまくできなくなってしまいます。
特にこどもは体温調節機能が未熟で熱中症になりやすいため、大人が気をつけてあげることが必要です。

急に暑くなった日や猛暑になると、
熱中症対策に重要になってくるのが、ご存知の通り水分補給です。

ただし、ただ単純に大量に水分を摂取するのではなく、
「何をどれくらい」「いつ飲むのか」
が重要です。


◦飲み物◦

市販のスポーツドリンクを2倍程に薄めたもの。
(汗からは水と同時に塩分も失われます。塩分が不足すると熱疲労からの回復が遅れ熱中症の原因となります。水やお茶は避けましょう。

薄めないと糖質の濃度が濃すぎるので、吸収されるのに時間がかかり吸収率が悪くなってしまいます。)



◦水分を取るタイミング◦

水分は体内に吸収されるまで、20~30分程度の時間がかかります。
のどがカラカラに渇いてからでは、すでに脱水症状を起こしている可能性もあり、熱中症の予防という意味ではよくないので喉が渇いたと思う前に飲むことが大切です。
スポーツ時は15分程度にこまめに水分補給をしましょう。



◦水分補給の量◦

一度に大量の水分をとると、胃腸の働きが低下します。一度に飲む量はコップ1杯(150~200cc)程度におさえることが大切になります。



◦水分の温度◦

冷たい方がおいしいからと冷やしている人も多いようですが、冷やしすぎると胃や腸の働きが悪くなります。
5~15度程度が腸で吸収しやすい温度なので、冷やし過ぎには注意しましょう。





*暑さが厳しい日は、レッスンではこまめに水分補給や休憩を取ります。

僕等コーチスタッフも注意をして気を配りますが、選手のみんなも頭痛、吐き気、、、など気分が悪くなった時にはすぐに声をかけてください。

短い時間の中でより質の高いトレーニングをする為にも、
自身で体調を整えることを大切にしていきましょう。



2017年6月26日月曜日

【いずみ中央校】第2回ディフェンス基礎レッスン

【ディフェンス基礎レッスン~奪うDF~】

昨日は、鈴木翼コーチによる第2回目のディフェンス基礎レッスンが行われました。



「奪うDF」をテーマに、
パスカット
スライディングからのボールの奪い方
ヘディング
などを選手達は学びました。


第1回目のディフェンス基礎レッスンもそうでしたが、
これをきっかけにゲームの中でのディフェンスに対する意識が良い方向へと変わっていく選手が多いです。


その選手達は、
学んだことを自分のものにしようと、
イベント後もチャレンジしている選手達です。

継続してチャレンジしていきましょう。
必ず良くなります。

これで、
いずみ中央校にて翼コーチによるディフェンス基礎レッスンの
全2回が無事に終了しました。



参加してくれた選手の皆さん、
ご理解ご協力頂いたご家族の皆様、
お手伝い頂いたコーチスタッフの皆さん、
ありがとうございました。


また、お陰さまで全カテゴリー
定員に達したことを心から感謝申し上げると同時に、
また要望が多ければ機会を設けて開催したいと考えています。

その時は、コーチスタッフで更に良い形にしていきます。

よろしくお願い致します。


いずみ中央校  福田 鈴木 森下










2017年6月20日火曜日

【いずみ中央校】積み重ねること

【積み重ねから得るもの】

どんな選手でも、
誰にでも、
平等に成長できるチャンスはある、
と思っています。


今まで多くの育成年代の選手達と接してきましたが、
成長できる選手とそうでない選手の差を考えた時に、
「今持っている能力」と「成長」は、関係していません。



身体的要素や運動能力、
元々持ってるモノに頼っていても、
目の前のやるべきことを疎かにしていては、
やはり成長プロセスを自分で歩むことはできません。

逆に、
泥臭くコツコツと積み重ねることができる選手は、
確実に自分の成長プロセスを歩んでいきます。


小さい頃から積み重ね続けてきていること。


その積み重ねが習慣となり自分のサッカーを作っていきます。


良い積み重ねで良い習慣を身に付けることは、
選手としても一人の人間としても、
とても大切なことだと、
僕らコーチ達は考えています。


いずみ中央校  福田 鈴木 森下




2017年6月16日金曜日

【草加校】夏期キャンプ②

選抜クラス担当の檜垣コーチのブログより
 
 
 
上手くなるために夏合宿やります!!!
 

テーマは、トラップからのドリブル&キープ
トラップからのパス&シュート

サッカーで一番重要な「ボールを自分のものにする技術」を身につけるためのトレーニングを中心に、「トラップからの次のプレーに繋がる技術」の強化に繋げます。

「トラップからの」ここ重要です。

ブラジルのプロを経験したからこその「本物のトラップ」の重要性。

全てはファーストタッチから。

一人一人その重要性を感じ、考え、意識したトレーニングを行い、
個々のレベルアップを目指し、必ず成長に繋げます。




☆外部生向け「ブラジルプロサッカーキャンプ」

8月2日~8月3日

ブラジルプロサッカー選手経験がある檜垣、毛塚コーチによる外部生向けキャンプです。

普段直接指導を行うことが難しい外部生向けに、プロサッカー選手になるために必要な本物の基礎を伝え、一人一人を見極め、一人一人の能力を最大限に引き出し伸ばすための指導を行います。



☆「夏期キャンプ1班」

7月27日~7月28日

明光サッカースクール生の強化合宿です。

こちらも檜垣、毛塚両コーチ、信頼出来るコーチ陣が担当します。



☆「 U-18&U-15スペシャルキャンプ 」

7月31日~8月2日
※こちらはコーチ推薦者のみとなります。



※お申し込みは6月19日(月)正午12時から、明光サッカースクールホームページからとなります。

※詳しくは↓↓↓ お申し込みは↓↓↓
http://www.meikosoccer.jp/news/2017summer-camp.html
 
 
 
檜垣コーチブログ
 
 
来週6月19日正午からの受付開始となります。
うまくなりたいという気持ちに絶対にお応え出来る内容です。
心よりお待ちしております。
 
 
草加校スタッフ 山口
 

 


2017年6月14日水曜日

【草加校】レッスン⑦

正しい意識






写真は、選抜Bクラスのレッスンの一コマになります。


レッスンに参加している選手たちはこの写真から、
この瞬間、どんなことを指導されていたのかわかるかと思います。


レッスンにて、檜垣コーチから、
「正しいことと間違ってることを判断できるように」
といった話があります。

時間は無限にはありません。

限られた時間内で、
意識して取り組むのか、無意識で取り組むのか

何が正しくて何が間違っているのか
その判断や意識が出来るか出来ないか


『サッカーを上手くなりたい』

その思いを形にする為にも、
コーチの指導をいつも意識していただけたらと思っております。

一ヶ月後、三ヶ月後、半年後、一年後と

そこには、必ず成長した形が現れているはずです。


草加校スタッフ 山口